読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーオヤジは目標を達成できたのか?

雑記

事のあらまし

話の始まりは昨年9月、幼稚園の運動会で短距離走をやることになり走ったのでした(保護者ががんばる競技の多い幼稚園なのです)。スタートしてみると全てがちぐはぐな感じで前に進みません。周りは20代の親も多い中、運動不足のアラフォーオヤジが残した結果はあまりに当然なビリだったのです。自分のあまりのふがいなさに納得いかず、絶対に1位(当然、目指しているのは6人とか8人とか一緒に走る中での1位です)をとってやるのだと決心、子供にも宣言したのでした。

過去の栄光

高い目標を掲げた背景には過去の栄光がありました。僕は年度の初めの方に生まれたことプラスそれなりに高い身長もあり、子供の頃は基礎運動能力面で有利な立場にありました。そのため、短距離走においては、幼稚園から中学校に至るまで、校内で常に5本の指には入る程度の実力を持っていたわけです(あくまで校内での話ですので、大した実力ではありません)。ちゃんとやればなんとかなるのでは?という気持ちが残っていたということです。
就職後はデスクワークしかしてない上に、全く運動をしない生活を続けていましたので、運動能力はひどいことになっていました。つまり「短距離走が速い」なんてのは、まさに文字通りの過去の栄光でしかなかったわけです。

いきなり3日坊主

当然、1位を取るためにはトレーニングが必要なわけですが、3日坊主で終わってしまいました。仕事が忙しくなったとかなんとか、理由をつけようと思えばいくらでもつけることができますが、なんでも正当な理由がつけられるというのは、大人の悪いところです。その後も、冬の豪雪などに阻まれ、トレーニングゼロで春を迎えたわけです。

トレーニング開始と地区運動会

子供にまで宣言しておいて頑張らないのは、ちょっとどうかと思います。9月の本番に向け、5月になって、やっとトレーニングを開始しました。とはいえ、まずは基礎筋力作りからです。腕立て、腹筋、スクワットといったあたりをやります。1ヶ月ぐらいしたところで、地区の運動会がありました。地区の運動会は、年代別短距離走(100m)になっていて、僕は30代で走ることになります。結果は8人中4位。同じような年代で、同じように運動不足なお父さん方も出ているような状況(中にはかなり鍛えている人もいるようでしたが)なので、なんとか無難な順位で終わった感じです。

短距離トレーニング開始(第一の問題)

筋力作りは続けながら、走るトレーニングも始めることにしました*1。最初はジョギング+スタートダッシュ練習といったところです。しかし、第一の問題が発生。そもそもトレーニングする体力が圧倒的に不足していることに気付きます。足りないものはしょうがないので気力で頑張ります。

故障(第二の問題)

トレーニングを続けると、今度は関節に痛みが出始めました。足首やひざに負担がかかっているようです。休みを入れたり、だましだましトレーニングを続けます。痛みがなくなったところで階段ダッシュなんかもトレーニングに追加。さらにプライオメトリクストレーニングのひとつシザースジャンプなんかもやります。

故障(第三の問題)

このままトレーニングを続ければ実力がつくだろうと思ったところで、第三の問題が起こります。太ももの肉離れです。医者に安静を言い渡されて10日はトレーニングできずという状況です。その後、ジョギングを始め、2週間後からはトレーニングに復帰です。

故障(第四の問題)

まともなトレーニングに復帰して一週間。肉離れの再発です。再び10日の安静期間。幼稚園の運動会の日はどんどん迫っていて、焦りが強くなりました。10日過ぎからは普通にトレーニングに復帰します。

故障(第五の問題)

スタートダッシュの力の入れ具合を色々と検討しながら、渾身のダッシュをしたところで腰に違和感が…。軽く腰を痛めたようです。もう、ここで思い浮かぶ言葉は「年寄りの冷や水」以外ない感じです。

とうとう本番へ

とにかく故障を続けたトレーニング生活でしたが、必死の調整でなんとかまともに動ける状態で本番を迎えることができました。はてさて本番はどうだったでしょうか。周りのお父さん方は20代と30代の混成状態。みんなスマートな感じなのがいやなところです。
一発勝負なので適度に緊張しながらスタートの構え。「用意」、「バン」の直前で微妙にバランスを崩したものの、問題なくスタート。結果は…6人中(7人かも)3位でした。1位、2位との差はあまりなかったものの、とても中途半端な結果に終わった運動会でした。

そして来年へ

故障も含めて、ありのままの実力を確認したのが今年の結果です。正直なところ、仕事をやり、子供が寝た後の時間帯でトレーニングするのは、続けるだけでかなりの気力を必要としました。それでも続けられたのは「懐疑論者としての議論に比べたら楽」という呪文のおかげです。

結果は中途半端でしたが、筋力も付き脂肪も減少。体重は3キロ減程度ですが、トレーニング前のメタボ体型と比べれば、だいぶ締まってきました。来年に向けて淡々とやっていこうという決意を持ったところです。はてさて、決意が鈍らず冬越えできるでしょうか。陰謀論者と議論をするより楽なはず…陰謀論者と議論をするより楽なはず…。

*1:平日仕事が終わって、子供が寝てからの夜中に近所の運動公園でトレーニングしてます。涙ぐましい努力ですw