読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕たちはなぜ水伝なんかに悩まされるのか

水もごはんも桃も梨も答えを知っているとか

最近、TwitterFacebookで、僕らにとっては懐かしい「ありがとう」「バカヤロウ」実験が話題になっているそうです*1。詳しくはこちらのエントリなどを参照のこと→『桃は答えを知っている - 男の魂に火をつけろ!』。数年前はごはんを使った似たような実験もどきが話題になりましたが同じようなものですね*2

水からの伝言」として知られる江本勝氏の一連の主張は、本当に突拍子もないものです。ホメオパシーなんかよりさらにどうしようもない主張なので、あえて話の種として使わせてもらおうかと思います。

帰属の話

前回*3スキーマの話を出したときに、蛇足として自分の言動の理由すら推測するしかないということを書きました。つまり、僕らは誰の言動であっても、その真意を直接理解することはできず、推測するしかない存在です。さて、そういった言動の理由を見つけることを、心理学では「原因帰属」とか、単に「帰属」と呼びます。推測に過ぎないので、間違う場面もたくさんあります。これを「帰属の誤り」とか「誤帰属」と呼びます。

特に僕らは感情の出所の帰属が苦手です。おそらく、推測する際に筋道通った原因にこだわるあまり、感情の強さに見合った「合理的な」原因を探してしまうためでしょう。感情ですから、必ず合理的な原因があるとは限りません。

根拠を否定されても信じる人々

さて、僕は4〜5年前ぐらい前に水伝の信奉者達と色々な話をしてきました。素朴な水伝信奉者がたくさんいました。水伝の提示する実験もどきをまともな実験だと勘違いしている人もそれなりにいたものです。水伝の話はすばらしいと感じていたようです。

では、水伝をすばらしく感じてしまったのはなぜでしょうか。すばらしいと感じた人が感情を何に帰属するかという話です。水伝は便利な理由づけを用意してくれています。よい言葉を使うのが正しいと「科学(モドキ)」の「実験(モドキ)」で証明されているということです。無機物の水にすら影響を与えるほどの、自然の原則がそこに存在するというのは、感動に値する話でしょう。

しかし、僕のようなおせっかいな人たちは、水伝のいう「科学」や「実験」がニセモノであることを指摘します。便利な帰属先を失い、すばらしいと感じた感情は宙に浮いてしまいます。ちょっと「当然感動するだろう度」は落ちますが、そもそも水伝のメッセージがすばらしかったと帰属する人もいるでしょう。

しかし、水伝の表面上の話というのは「よい言葉を使おう」「悪い言葉は使わないようにしよう」というメッセージです*4。ちょっと立ち止まってみると、わざわざ水に教えてもらうまでもなく、誰でもその方がいいと知っていることでしかありません。僕のようなおせっかいな人たちは、それも指摘してしまいます。

それでも、すばらしいと感じた感情は残ります。結果として色々な言い訳をつけてしまうという状況に陥ります。道徳としては成り立つとか、科学の方が間違っているとか。そうでなければ感情の帰属先がないからというわけです。

僕は、根拠を否定されても信じる人々をつくっているのは、こういった感情の誤帰属問題ではないかと考えています。そして、おそらく水伝から受けた感動の本当の源泉は「美しい結晶写真」であった人も多かったのではないかと考えています*5

水伝なんかに悩まされるのは、こういった帰属先探しが背景にあるためではないかということです。

信奉者じゃなくてもそんなに変わりません

僕は超常現象懐疑論者として活動しています。世の中の雑多な話題にふれていると、突然オカルトアンテナがピッっと反応することがあります。「なんか怪しいぞ」という直感が働くのです。こんなとき、最初に直感(感情)があり、オカルトアンテナが反応した合理的な理由(帰属先)を探しはじめるという順番だったりするわけです。こういった懐疑的な行動ですら、信奉者の帰属先探しと同じような過程を通る場合があります。

僕はこの後付の帰属先探しをしてしまうこと自体に問題があるとは考えていません。ただ、感情の帰属先を探すとき、僕たちは間違った原因に飛びつきやすいということに留意する必要があるということです。感情の強さに見合うだけの理由が必要だと考えてしまう思考のバイアスに陥ることもあります。僕がこんなに怒っているのは、それだけ原因(相手)が邪悪だからだ…なんていうのはよくある間違いです。さらに言えば、感情の帰属先を探す必要などないという判断もありなんだということを知っていることが大切でしょう。

*1:僕のタイムラインでは肯定的な言及はゼロなんですけれど。

*2:ごはんの実験ではフタの付いたビンを使うとか、すこしは雑菌に配慮した内容になってましたが、ずさんさが増しているようですね。

*3:『[http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20120816/p1:title]』のことです。

*4:裏にはビジネスの話があったりして、真っ黒であったりするわけですが。

*5:本家水伝から影響された層と、ごはんに声掛け実験から入った層では、温度差があったと感じているのですが、その理由も「美しい結晶写真」の有無ではなかったのでしょうか。