読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビタミンK欠乏症問題

ビタミンK問題が話題になっているので、私も書かずにはいられなかった。

ビタミンK欠乏症

新生児は、ビタミンK欠乏になりやすい。ビタミンK欠乏状態になると、出血が止まらないような症状になる。脳内出血が起こった場合等は、死亡したり、重大な障害が残ったりする場合もある。通常、新生児にはK2シロップと呼ばれるビタミン剤を投与することで、ビタミンK欠乏を抑制している。

自然信仰と母乳育児の推進

粉ミルクに比べて母乳の方がよいという話は、医療の現場でも言われていることのようだ。国際機関や政府機関は積極的に母乳育児を勧めている。しかし、ビタミンKの問題については、粉ミルクの方が望ましい。人工的だとしてK2シロップを拒否する行動と、自然だとして母乳育児にこだわる行動が重なると、ビタミンK欠乏症の危険性は増す。

ビタミンK問題

「ビタミンK与えず乳児死亡」母親が助産師提訴」というニュースが 2010年7月9日 読売新聞から配信された。以下に内容を一部引用する。

生後2か月の女児が死亡したのは、出生後の投与が常識になっているビタミンKを与えなかったためビタミンK欠乏性出血症になったことが原因として、母親 (33)が山口市の助産師(43)を相手取り、損害賠償請求訴訟を山口地裁に起こしていることがわかった。
助産師は、ビタミンKの代わりに「自然治癒力を促す」という錠剤を与えていた。錠剤は、助産師が所属する自然療法普及の団体が推奨するものだった。

この事例は、ホメオパシー問題を追っている人の間では広く知られている。「助産院は安全?」というブログの功績である。

ホメオパス*1の認識

ニュースの配信をきっかけに、菊池誠さんのブログの記事「ビタミンK問題: 助産院とホメオパシー[追記は随時あり]」のコメント欄に情報が寄せられている。現時点で重要だと思われる内容を引用する。

生まれた翌日、退院の日、1ヶ月検診、この3回、赤ちゃんにK2シロップを飲ませていますよね。これは、頭蓋内出血とか、出血傾向の予防のためなのです。 それで、ビタミン剤の実物の投与があまりよくないと思うので、私はレメディーにして使っています。

うさぎ林檎さんの投稿:(由井寅子のホメオパシーガイドブック?)からの引用

「ビタミン剤の実物投与があまりよくないと思う」という自然信仰丸出しの思い込みからホメオパシーのレメディを用いているという話のようだ*2。この発言をしたという鴨原鴫原助産師は、善意からこういった行動をとったのだろう。しかし、善意だからといって許される行動ではない。

また、Takuさんによれば、今回の問題が明るみに出た後、ホメオパシー医学協会の雑誌では、以下のような弁解(?)が書かれているという。とにかくこれはひどい。

Vit- K30Cには現物質はなく、パターンしか含まれておらず、血管壁を壊すことはありえないこと、(逆にK2シロップの過剰投与は血管壁をもろくする可能性あり)、今回の原因推定としては、様々な問題が考えられること、また、両親のミネラル不足やマヤズム的問題、医原病が胎児に受け継ぐ事などもあること。

Takuさんの投稿:(日本ホメオパシー医学協会の会員向けの雑誌)からの引用

レメディのせいではなく*3、両親の健康状態が悪かった、過去生のカルマのようなものだ、両親の受けた現代医療が子供に悪い影響を与えた…という主張をしているようだ。つまりは、親が悪い、(マヤズムによれば)もともと死ぬ運命だった…とかいう話を分かりにくく表現しているだけである。

どこまで厚顔無恥なのだろうか。

*1:ホメオパシージャパン系列の…と言えるだろう

*2:ちなみに、これはホメオパシーのレメディの考えからはずれている。本来ならば、ビタミンK欠乏症と同じ症状を起こす物質を希釈する必要があるはずだ。

*3:もちろんレメディのせいではない。K2シロップを与えなかったのが悪いのだ。